味噌汁

イソフラボンは有害な物質なの?

納豆や豆腐や豆乳などの大豆製品にたくさん含まれていることで知られるイソフラボンは、様々な美容効果や健康効果があることで知られています。
したがって有害な物質ではありませんが、ここではイソフラボンの副作用などの危険性について考えてみます。

どんなに高い美容効果や健康効果があっても、摂り過ぎには注意が必要です。
大豆製品に限らず、どんな食べ物でも食べ過ぎると下痢やおう吐や腹痛や体調不良を起こします。
過剰摂取により、アレルギー症状を発症するケースもあります。
何も症状が起きなくても、カロリーオーバーになって体重増加につながり、それにより成人病などいろいろな病気のリスクが高まります。

イソフラボンは1日の摂取量の目安が70mgから75mgと定められています。
最近ではサプリメントでそれを摂取する人も増えていますが、サプリメントから摂る場合は1日30mgまでとなっています。
サプリメントを利用している場合は、特に大豆製品の摂取には気を付ける必要があり、気が付かないうちに大量のイソフラボンを摂取しているかもしれません。

適量を摂取していれば健康維持に役立ちますが、過剰摂取を続けると女性ホルモンのバランスが乱れる原因となり、生理不順や婦人系の病気にかかるリスクが高くなります。
子宮がんや乳がんhttp://www.stoptheftaa.org/nyuugann.html発症のリスクも高まることが指摘されているので、特に女性はイソフラボンの過剰摂取には十分に気を付けなければいけません。

イソフラボンは、豆腐半丁や納豆1パックで約50mgとなっています。
したがって毎食納豆や豆腐を食べる人は、これだけで過剰摂取になっていて、これを毎日続けると健康被害が出る可能性が高くなります。
特に美肌効果やバストアップ効果を求めて、過剰にサプリメントを摂ることは絶対にしないよう注意して下さい。

このように女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンは、毎日適量を摂ることで美容効果や健康効果を得られます。
しかし過剰摂取することで最悪は発がんリスクを高めることもあるので、くれぐれも摂り過ぎには気を付けましょう。