味噌汁

イソフラボンでホルモン管理ができる?

イソフラボンが女性ホルモンに関係していることは、今や美容に関心がある女性なら良く知っていることだと思います。
ここではイソフラボンによってホルモン管理ができるかどうかについて詳しく探っていきます。


女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類があります。
イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることが分かっていて、それを意識的に摂取することで、エストロゲンの分泌を高めるのと同じ効果を得られます。

エストロゲンは、女性らしい身体のラインをつくったりバストアップのためには不可欠なモノです。
エストロゲンの分泌が上手くいかないと、胸を大きくできない原因にもなり、女性にとっては深刻な悩みにつながります。
エストロゲンは20代から30代の妊娠しやすい時期にかけてたくさん分泌されますが、その時期に大きなストレスや栄養不足や乱れた生活を送っていると、エストロゲンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが乱れる原因になります。

また40代になると、エストロゲンの分泌は減少するため、自律神経や免疫系などに異常が生じ、これが更年期障害につながります。
イソフラボンを意識的に摂取することで、女性ホルモン不足を解消でき、さらにホルモンバランスも整えられるため、更年期障害の予防や改善http://www.aardvarq.net/iso006.htmlになります。

もちろん若い女性にも、ストレスや乱れた生活による女性ホルモンの減少を補助してくれます。
また最近では多くの女性の悩みとなっているP MSと呼ばれる月経前症候群にもイソフラボンは効果を発揮すると言われています。

ホルモンバランスの乱れはその他にもいろいろな病気の原因になるので、イソフラボンを多く含む大豆製品を摂取できていないと思う方は、サプリメントなども利用して意識的に摂取することをおすすめします。


このように、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンでホルモン管理を行うことは十分に可能です。
最近大豆製品をあまり食べていない人は、サプリメントなども利用して意識的に摂取することを心掛けましょう。