味噌汁

イソフラボンと牛乳の相乗効果について

女性に特に良いと言われるイソフラボンは、女性ホルモンと同様の効果をもたらすことから、美肌効果やバストアップ効果http://www.ontariosolarnetwork.org/bustup-ranking.htmlなどの女性らしい身体のラインをつくるのにも役立ちます。
ここではイソフラボンと牛乳の相乗効果について紹介します。

牛乳はほとんどの家庭の冷蔵庫に常備されている一般的な飲み物です。
小学生の時には給食にもついてくるので毎日のように飲む飲み物ですが、大人になると好んで摂取しなくなる人も多く、特に一人暮らしになるとしばらく牛乳を飲んでいないという人も多いようです。

牛乳から摂ることができる栄養素と言えば、ほとんどの人はカルシウムを想像するでしょう。
女性に多い骨粗しょう症を防ぐには、カルシウムが大事なことは誰でも知っていますよね。
特に中高年の女性に骨粗しょう症が多い原因は、40代を過ぎると女性ホルモンの分泌が減少するからです。

イソフラボンを意識的に摂取することで女性ホルモンを分泌させることと同じ作用が働き、さらに牛乳を飲むことで相乗効果が生まれます。
牛乳があまり好きでない人でも、きな粉などを入れると美味しく飲むことができますし、その他にも今では牛乳にいろいろな味付けができる商品が販売されているので、毎日コップ1杯の牛乳を摂るように心掛けましょう。

その他にもカルシウムには、精神的な不安や苦痛を抑える働きがあります。
よくイライラしているとカルシウムが足りていないと言いますが、それにはきちんとした根拠があります。
さらに女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンにも、女性ホルモンを整えて精神を安定させる効果があります。
その証拠に、女性特有の更年期障害の予防や改善に役立つと言われています。

このようにイソフラボンとカルシウムをたくさん含む牛乳には、骨粗しょう症や更年期障害を予防・改善させる効果があると言われていますが、これらを一緒に摂ることで相乗効果が生まれて、より高い効果を得られることが分かっています。