味噌汁

イソフラボン摂取と肺がんとの関連について

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、バストアップや更年期障害などの予防や改善に効果があると言われていて、高い美容効果も認められているため、女性を中心として話題となっていますが、イソフラボンと男性の関係についてはどうでしょう。
ここでは男性に多い肺がんとの関連性について探っていきます。

厚生労働省が行った調査によると、タバコを吸う習慣がない男性のみにイソフラボンを摂取することで、肺がんの発生リスクが低下することが分かりました。
日本人がなるがんで最も多いのは、男性が肺がん、女性が胃がんです。
肺がんになる最大の原因はタバコですが、女性が肺がんになる原因としては、ホルモン剤の使用や、生殖関連要因なども報告されています。

まだはっきりとした研究結果は出ていませんが、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があるため、肺がんの発生リスクを抑えられる可能性があることも予想できます。
実際にいろいろな研究により、それを摂取することにより、肺がんのリスクが減少されることは示唆されています。
これに関しては今後の研究結果を待ちたいところです。

タバコと肺がんについては、世界中で喫煙による肺がん患者を減らそうと、すでに国レベルでの禁煙対策が取られていて、日本でもタバコの値段を上げるなどし、今ではタバコを吸う人の数が劇的に減少しました。
特に以前は男性の喫煙者が多かったため、今後は肺がん患者の数も減少していくことが予想されています。

調査によると、現在明確になっているのは、喫煙習慣がない男性だけにイソフラボンの摂取により肺がんリスクが減少されることが分かりましたが、もともとイソフラボンからは動脈硬化や生活習慣病の予防や改善http://www.kan-ya.jp/byoukinokannkei.htmlなど様々な健康効果があることが分かっているので、過剰摂取にならないように積極的な摂取をおすすめします。


このように、イソフラボンとがんとの関連性はまだはっきりと解明されていませんが、イソフラボンを摂取した方が肺がんのリスクを減少させられることは間違いないでしょう。