味噌汁

低年齢の子供はイソフラボンのサプリを使えない?

今では多くの化粧品にも利用されていて、美容効果の他にも生活習慣病や更年期障害の予防や改善などに効果があると注目を集めているのがイソフラボンです。
それを手軽に摂取できるようにサプリメントも販売されていますが、ここでは低年齢の子供がそのサプリメントを飲んでもいいのかを検証していきます。

イソフラボンを摂取することで得られる効果には、肌荒れやくすみを緩和するなどの美容効果や動脈硬化を予防する健康効果の他にも、ホルモンバランスを整える・ストレスを緩和する・薄毛予防など男女共に嬉しい効果がたくさんあります。

ニキビの予防効果もあるため、ニキビに悩むお子さんにサプリメントを飲ませてあげたいと思う人もたくさんいるでしょうが、イソフラボンにはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンに似た作用があるため、生殖器などが未発達である15歳未満の子供が摂取することにより発達異常を引き起こすことが考えられます。
そのため、食品安全委員会の規定によって子供のサプリメントの摂取は推奨できないとなっています。

実際にイソフラボンサプリメントを子供が使用すると、肌荒れやニキビを引き起こしたり、生理不順や不妊症になることも指摘されています。
その他にも体調不良や太りやすくなるという報告もあります。

かといって低年齢の子供がイソフラボンを摂取してはいけないわけではありません。
イソフラボンは豆腐や納豆や豆乳http://www.istc-ec.org/soymilk.htmlや味噌や醤油などの大豆製品に多く含まれています。
サプリメントを子供に推奨できない理由には過剰摂取になることが挙げられており、食品から摂ることはおすすめとなっています。
食品から摂る場合も過剰摂取は気を付けた方がいいので、食べ過ぎには十分に注意しましょう。

このようにイソフラボンサプリメントは低年齢の子供が摂取することはおすすめできませんが、体に良い成分であるため食品から摂ることは推奨されています。
過剰摂取を控えて適量をしっかり摂ることをおすすめします。